海外旅行保険が自動付帯だったエポスカードが利用付帯に改悪されました

海外旅行保険が自動付帯だったエポスカードが利用付帯になりました

本サイトにはプロモーションが含まれています。

こんにちは♪@Leleleです!

今まで年会費無料で海外旅行保険が自動付帯で大人気だったエポスカード。

その自動付帯だった海外旅行保険が2023年10月1日(日)の旅行から利用付帯になるという悲しいニュースが入りました。。。

ただ、利用付帯になっても、補償額は一部アップするなど、魅力は変わらずあるエポスカード。

利用付帯ということで、海外旅行保険を適用させる方法も合わせて、今回の改定の内容を紹介させていただきます。

\ 海外旅行保険が利用付帯になっても

魅力は変わらずのエポスカード 

エポスカードについてはこちらでまとめています

目次

エポスカード海外旅行保険の改定内容

エポスカードの海外旅行保険改定内容

2023年9月30日(土)出発までは、海外旅行保険が自動付帯だったエポスカード。

2023年10月1日(日)出発からは、エポスプラチナカードを除いて利用付帯に変わりました。

変わった内容は以下です。

改定日は10月1日(日)から

2023年10月1日(日)以降に日本国内の住居を出発する海外旅行に行かれる方は、海外旅行保険が利用付帯になります。

改定対象のカード

  • Visa付きのエポスカード
  • エポスゴールドカード

エポスプラチナカードは変わらず自動付帯で使えます。

年会費3万円とあって、プラチナカードは変わらず海外旅行保険は自動付帯のようです。

海外旅行保険適用の条件は利用付帯

利用付帯とは、お持ちのエポスカードで旅行代金を支払うことで海外旅行保険が適用されます。

ただ、旅行代金が海外旅行保険適用になるもの、ならないものがあるのでここで紹介します。

保険が適用される旅行代金

  • パッケージツアー・・・旅行会社で予約した海外旅行ツアー代金(募集型企画旅行)
  • 航空券・・・渡航先への航空券・海外旅行先までの乗継便航空券
  • 電車・・・空港に向かう鉄道代金(定期券利用も含む)や有料特急列車代金(例:新幹線、成田エクスプレス等)・海外で乗車した電車乗車代金
  • バス・・・空港に向かうリムジンバス・路線バスの乗車代金(定期券利用も含む)・海外で乗車したバス乗車代金
  • タクシー・・・空港に向かうタクシー乗車代金・海外で乗車したタクシー乗車代金

上記の旅行代金をエポスカードで支払えばいいなら利用付帯になってもエポスカードがいいことに変わりはないですね♪

上記の旅行代金の中での一例では、自宅から空港までの電車の運賃をエポスカードで支払いしているだけで海外旅行保険が適用になる。ということです♪

他のクレジットカードと海外旅行保険を合算させるために持っている方も、空港までの電車の運賃を払えばいいだけなら、無理なくエポスカードを利用することができますね♪

保険が適用されない旅行代金

以下の旅行代金をお持ちのエポスカードでお支払いしても、海外旅行保険が適用になる旅行代金にならないので注意してください。

  • 国内・海外宿泊代・・・個人で手配した宿泊代金
  • 上記以外の交通費・・・空港までのガソリン代金、高速道路料金空港の駐車場代、空港使用料・国内、海外でのレンタカー使用代金・帰国後に乗車した公共交通機関の乗車代金

エポスカードの海外旅行保険を適用させるために、この旅行代金は保険適用に含まれないことを覚えておきましょう!

補償額の改定内容 / 障害死亡・後遺障害、賠償責任、携行品損害の補償額はアップ

VISA付エポスカードの補償額

補償2023年9月30日(土)までに日本国内の住居を出発2023年10月1日(日)以降に日本国内の住居を出発備考
(限度額)
障害死亡・後遺障害最高500万円最高3000万円
障害治療費用200万円200万円1事故につき
疾病治療費用270万円270万円1疾病につき
賠償責任
(免責なし)
2000万円3000万円1事故につき
援助者費用100万円100万円会員資格期間につき
携行品損害
(免責3000円)
20万円(※)20万円(※)1旅行・会員資格期間につき
(※)携行品1つあたり10万円限度、乗車券等は合計5万円限度

障害死亡・後遺障害と賠償責任の補償額は大幅にアップしています。

エポスゴールドカードの補償額

補償2023年9月30日(土)までに日本国内の住居を出発2023年10月1日(日)以降に日本国内の住居を出発備考
(限度額)
障害死亡・後遺障害最高1000万円最高5000万円
障害治療費用300万円300万円1事故につき
疾病治療費用2000万円300万円1疾病につき
賠償責任
(免責なし)
2000万円5000万円1事故につき
援助者費用100万円100万円会員資格期間につき
携行品損害
(免責3000円)
20万円(※)50万円(※)1旅行・会員資格期間につき
(※)携行品1つあたり10万円限度、乗車券等は合計5万円限度

エポスカード海外旅行保険が利用付帯になりました。まとめ

エポスカードの一番の魅力だった、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯が利用付帯になりました。

利用付帯になりましたが、旅行代金として自宅から空港までの電車の運賃をエポスカードで支払いしているだけで海外旅行保険が適用になるので、無理せず海外旅行保険を適用させることができます。

エポスカード1枚のみでは補償額が不安だなぁ、、という場合は、他の海外旅行保険自動・利用付帯のクレジットカード(楽天プレミアムカードなど)と合わせて持っておくとさらに安心です♪

\ 海外旅行保険が利用付帯になっても

魅力は変わらずのエポスカード 

海外旅行保険が自動付帯だったエポスカードが利用付帯になりました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると喜びます
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次