マルタ島留学のデメリット・メリット。体験談を留学経験者がまとめました

当ページのリンクには広告が含まれています。広告は全て自身で選んだものです。
マルタ留学 デメリットとメリット

こんにちは!マルタヘ1か月間留学に行ったことのある@Leleleです♪

留学先を探していて、

英語を海外で学ぶならどこがいいかな?

と検索すると出てくる、最近人気のマルタ島。

実際にマルタ島に1か月間、語学留学してきて感じたデメリットと、メリットに感じたことをまとめました。

ジャンプできる目次

マルタ留学おすすめのエージェント

マルタ留学メイト
出典:マルタ留学メイト

\ 最大5000円割引・Amazonギフトキャンペーン中 /

マルタ留学メイトをもっと詳しく知りたい

1か月間のマルタ留学にかかった費用をまとめた記事も合わせてどうぞ

マルタに、ワーホリ制度はない

マルタにはワーホリ制度はない

マルタって、ワーホリで行けないのかな?

と疑問に思った方も少なくないと思います。

残念ながら、2023年現在はマルタにはワーホリ制度はありません

ただ、マルタ島にはワーホリに近いWork&Study制度と呼ばれる仕事をしながらマルタに留学できる制度もありますよ。

この記事の下で、Work&Study制度については解説しています。>>その項目にジャンプ

マルタ島留学のデメリット4つ

マルタに留学するデメリット

まず、はじめに気になるのはデメリットの方ですよね

  • マルタの英語には訛りがある
  • マルタ島への直行便が無い
  • 海はあるけど、娯楽が少ない
  • ヨーロッパの個人主義な空気

さっそく、紹介していきます♪

マルタの英語には訛りがある

マルタ島はイタリアのすぐ下らへんに位置している小さな小さな島国です。

公用語は、英語とマルタ語。

そのためか、マルタのひとの話す英語はイタリア語訛りな感じです。

少し巻き舌が入るというか、Rの音がよく聞こえてくる感じというか。。

位置的にはヨーロッパなので、英語はイギリス英語な感じです。

この訛りは言い方を変えれば、アメリカ人やイギリス人のように話すスピードが速くないので、英語を勉強中の人からすると聞き取りやすい英語かもしれません

マルタ島への直行便が無い

日本からマルタへの直行便が無い

マルタへの直行便は今のところありません。(2023年10月)

私は、フィンランドのヘルシンキを経由して行きました。

ヘルシンキの街も見ることができたので、私にはデメリットでは無かったですが♪

他にも、

  • イタリア
  • ドイツ
  • トルコ
  • ベルギー
  • フランス
  • スイス
  • オーストリア

と、経由先はたくさんあります。

航空券を予約するならHISが運営するSupriseがおすすめです♪

海はあるけど、娯楽が少ない

私は、海が好き!という理由でマルタ行きを決めました。

海の見どころは、それはそれはすばらしかったです。

マルタの海の魅力はメリットのところで書きますね。

ただ、海以外ではみんなナイトクラブへ繰り出す。

というのが、マルタに集まる人たちの遊び方なようでした。

当時は、あまりナイトクラブに行きたいと思えず、ノリの悪い日本人な気分でした。。。

ヨーロッパの個人主義な空気

個人主義な空気 マルタ留学のデメリット

マルタに行って感じたのが、マルタで出会う人は

それぞれが、それぞれのことをしているなぁ。

ということでした。

オーストラリアにワーホリで行ってからのマルタだったのですが、

オーストラリアでは、

  • みんなフレンドリー
  • 集団で行動

という空気だったので、そこから一変、真逆の世界に来た感じで少し戸惑いました。

個人行動も嫌いではないので、すぐに慣れてマルタ生活を楽しめましたが、

  • 寂しがり屋さん
  • 集団行動が好き

な人には、少し寂しいマルタ生活になるかもしれません。

もちろん、フレンドリーで集団行動が好きな人たちも来ていると思うので、その人たちに出会えるかもしれません♪

この項目は、人にもよると思いますが、ここではデメリットに入れさせてもらいました。

マルタ島留学のメリット8つ

  • きれいな海がたくさんある
  • 猫好きにもうれしい
  • 日本人が比較的少ないので、英語力をアップさせるのにいい環境
  • ヨーロッパ旅行がしやすい
  • 物価がヨーロッパにしては安い
  • 治安が良い
  • 世界中に友だちができる
  • Work & Study制度というバイトしながらステイできる、ワーホリのような制度がある

マルタ島留学のデメリットを少し上げましたが、メリットはたくさんあります!

では、詳しく解説していきますね!

きれいな海がたくさんある

マルタの海

海が好きなら、マルタ留学でしょう!

という感じです。

1か月のマルタ滞在期間中にも、たくさんのビーチや海岸を訪れました。

マルタの海の特徴は、砂浜のビーチもありますが、岩肌のビーチがとても多かった印象です。

マルタの透き通った海

水は、写真のようにめちゃくちゃ透明です!!

ダイビングライセンスを持っている人は、マルタの海を存分に楽しめるのではないかと思います。

たくさんのダイビングスポットがあるようです!

海好きと言いながら、私はダイビングライセンス持っていなのですが、マルタの海はどこにいってもとてもきれいでした!

猫好きにもうれしい

マルタの猫

外を歩けば、猫に出会います。

写真の猫は、少しボス感がありますね。

ビーチでは、魚釣りをしているマルタ人のおじさんとたくさんの猫たちに出会ったり。

猫ともマルタ人とも出会いアリです。

日本人が比較的少ないので、英語力をアップさせるのにいい環境

2015年の夏にマルタ留学をしました。

語学学校にも行きましたが、同じ学校には日本人は私を含めて3人だけでした。

同じクラスには、0だったので完全英語の環境でした。

日本人が少ないしいいな、と思ってマルタへ行きましたが、日本人が想像以上に少なくて少し日本人が恋しかったのを覚えています。

近年では、マルタ留学も有名になってきているので、私がいたころよりは日本人が増えているようです。

それでも、ワーホリで人気のオーストラリアやカナダに行くことを考えれば、日本人は絶対少ないと思います。

ヨーロッパ旅行がしやすい

ヨーロッパ内を旅行しやすい

マルタ留学を決めた理由の一つは、ヨーロッパの国々へも旅行がしやすいからです。

マルタの学校期間が終わってから、

  • イタリア
  • ドイツ
  • フランス
  • スペイン

を約2か月かけて廻りました。

ドイツ、フランス間は電車で行き来できるし、ヨーロッパ内は飛行機も日本のLCCのような値段で航空券が手に入ります。

マルタ留学に行くなら、ヨーロッパの国々も旅行することがおすすめです!

>>ドイツのフランクフルト移住経験者がおすすめしたい観光スポット5選

物価がヨーロッパにしては安い

マルタは比較的物価が安い

マルタで生活するのにかかる生活費

  • スーパーでの食材

水(1,5リットル)・・・0,88ユーロ

お米(1キロ)・・・2,40ユーロ

卵(12個)・・・2,54ユーロ

トマト(1キロ)・・・2,64ユーロ

じゃがいも(1キロ)・・・1,63ユーロ

  • 外食・レストラン代

リーズナブルなレストラン・・・15ユーロ

少し高めのレストランで2人分の値段・・・70ユーロ

マクドナルドやファーストフード・・・9ユーロ

カプチーノ・・・2,36ユーロ

  • 交通費(マルタ内の移動は基本バスです)

切符代・・1,50ユーロ

1か月の定期券・・・26ユーロ

タクシー代・・・5ユーロスタート

物価一覧はこちらのページを参考にさせて頂きました。

>>>Cost of Living in Malta

物によって、食材は比較的安いかなと思いますが、外食は日本よりも高めかなという印象です。

生活全体を見ると日本の感覚とそこまで変わらないのと思います。

ただ、2023年4月では、1ユーロ151円とめちゃくちゃ円安なので、ユーロ圏というだけでも高く感じるかもしれません。

この為替レートは常に変動しているので、行く時期のレートは要チェックです。

私の行った時期(2015年7月)は、1ユーロ124円ほどでした。

マルタ留学1か月間の費用をまとめています

治安が良い

マルタは、治安の良い国です。

ヨーロッパ36か国の中でも3位に入る犯罪率の低さを誇っています。

島国らしいおだやかな雰囲気のなか、リラックスした気分で過ごせますよ♪

ただ、街中ではスリや盗難などは起こっているため、無防備すぎるのはよくありません。

世界中に友だちができる

世界中に友だちができる

マルタ留学では、世界中から来た英語を学びたい人たちと出会えます。

マルタでは、特にトルコの人が多かった印象です。

他にも私の出会った人は、

  • フランス人
  • コロンビア人
  • ベラルーシ人
  • ブラジル人
  • ジョージア人
  • 韓国人

と国際色豊かです。

特に、マルタでは日本ではなかなか出会うことのない国の人と出会えた印象でした。

マルタで出会ったフランス人のお友だちとは仲良くなり、留学後も彼女の住むフランスのリヨンを訪れてきました。

留学する先によっても、出会える国の人に違いが出るかなと思います。

Work & Study制度というバイトしながらステイできる、ワーホリのような制度がある

バイトをしながら勉強をできるマルタ留学

マルタでは近年、Work & Study制度というできました。

学校に通いながらアルバイトをできるという制度で、学生であることと、英語力とある一定の条件をクリアすれば利用できます。

留学しながら、お金を稼ぐことができるのはありがたい制度ですよね!

この制度は、ワーキングホリデーなどのような年齢制限が無いので、誰でも語学学校などの学校を通っていれば利用できる制度です!

まだ新しい制度なので、しっかりとサポートを受けられる学校選びをしましょう!

パーティー好きさんには楽しい

ナイトクラブに行くことが好きな人たちには、とても楽しい留学先じゃないかなと思います。

マルタで出会った人たちは、ナイトクラブに行くことが好きな人が多かったので、ナイトライフが充実します。

マルタ島留学するデメリット・メリットまとめ

マルタに留学をして感じたデメリットとメリット、いかがでしたか?

留学をする国によって、

  • 楽しめる、楽しめない
  • 合う・合わない

はあると思いますが、興味があるなら一度エージェントに話を聞きに行くことがおすすめですよ!

その国があなたに合う・合わないは、実際に行ってみないとわかりません。

ぜひ、あなただけの素晴らしい体験をマルタでしてきてください♪

以下のエージェントでもマルタ留学をサポートしてくれますよ!

人気留学・ワーホリエージェント

No.1
成功する留学の評判と口コミ
成功する留学
No.2
留学情報館の口コミと評判
留学情報館
No.3
夢カナ留学の口コミと評判
夢カナ留学

ラストリゾートの口コミと評判
ラストリゾート
マルタ留学メイトの評判と口コミ
マルタ留学メイト

マルタ島留学の情報をもっと知りたい

マルタ留学 デメリットとメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると喜びます
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

ジャンプできる目次