ガラパゴス諸島のイザベラ島!かわいい動物に出会いたいなら絶対行くべき!

ガラパゴス諸島イザベラ島の魅力おすすめスポット
\記事の共有・保存はこちら/

こんにちは!世界中旅をしてきて、そのなかでも特にガラパゴス諸島が大好きなLeleleです!

この記事ではそのガラパゴス諸島の中でも、お気に入りなイザベラ島の魅力を存分に伝えたいと思います!

これから訪れる予定のあなたの参考になればと嬉しいです。

ガラパゴス諸島に関する他の記事

>>【エクアドル】ガラパゴス諸島への行き方と入島の手続きの方法。島のルールも紹介

>>【エクアドル】ガラパゴス諸島でおすすめのサンタクルス島の魅力

Booking.com

イザベラ島おすすめのシュノーケリングスポット

イザベラ島での一番の魅力は、シュノーケリングでたくさんの魚や動物たちと出会えることだと思います!

このおすすめシュノーケリングスポットで、私はイザベラ島の虜になりました。

動物たちといっしょに泳ぎたいならプラヤ・イザベラ

ガラパゴス諸島イザベラ島のプラヤ・イザベラ

イザベラ島で断然おすすめのシュノーケリングポイントはプラヤ・イザベラです。

何でもない、普通のビーチに見えるのですがこのビーチだけで後で紹介する動物たちのほとんどに出会えました。

アクセスもしやすくて、ここを見つけてからは毎日ここに来ていました。

ウミガメに出会いたいならパール・シェル

パール・シェルまでのトレイル

プラヤ・イザベラからすぐ近くの細いトレイルを歩いて着くところにパール・シェルがあります。

プラヤ・イザベラが断然おすすめと書きましたが、パール・シェルもぜひ訪れてほしいです。

パール・シェルでも、ウミガメは赤ちゃんサメ、ハリセンボンやエイと出会えて、アシカたちがとても近くを泳ぎ回ります。

イザベラ島で出会えたかわいい動物たち

ガラパゴス諸島では、サンタクルス島とサンクリストバル島にも訪れました。

その中でも、ダントツで野生の動物たちに出会えたのがイザベラ島でした!

アオアシツカオドリとペンギン

ガラパゴス諸島イザベラ島のペンギンとアオアシカツオドリ

ビーチでシュノーケリングしていると、アオアシカツオドリが目の前を飛んでいきます。

実はこの時は、写真の右側に写る2匹のペンギンの写真を撮ろうとしていた時でした。

小さなかわいいペンギンがあなたの周りを自由自在に泳ぎ回ります!

赤ちゃんサメ

海の中を見れば、

赤ちゃんサメと魚たち

赤ちゃんのサメが浅瀬へ遊びに来ています。

泳いでる人たちを襲ったりしないので大丈夫です。

エイ

少し違うところを泳げば、

エイ

エイが穏やかに泳いでいるのが見えます。

いろいろな種類のエイがいましたが、中には刺すものもいるようなので近づきすぎないように注意です!

ウミガメ

ウミガメ

ウミガメももちろん!

と言うかのように、ゆったりと泳いでいます。

昔、インドネシアのギリ島で1匹のウミガメを探すのにどんなに苦労したことかと、笑ってしまうほどたくさんのウミガメたちに出会えましたよ。

アシカ

もちろんアシカたちとも出会えます。

イザベラ島のビーチではたくさんのアシカたちが近くを泳いでいて、なんともパラダイスです。

ガラパゴス諸島のアシカ

フラミンゴ

イザベラ島にもガラパゴスゾウガメの養殖センターがあるのですが、そこに向かう道中ではフラミンゴに遭遇しました。

フラミンゴ

一歩一歩からだ全体を使って水の中を移動している様子が、とてもかわいかったです。

ガラパゴスゾウガメ

ガラパゴスゾウガメの養殖センターと言われている施設では、たくさんのガラパゴスゾウガメに出会えます。

イザベラ島ガラパゴスゾウガメ
イザベラ島ガラパゴスゾウガメ

イザベラ島観光スポット

イザベラ島は、行くところ行くところにさまざまな動物を発見できるので、あてもなく散歩するだけでも素敵な景色や動物に出会えますが、スポットとしては以下がおすすめです。

プエルト・ビジャミル

プエルト・ビジャミルのレストラン

ガラパゴス諸島で訪れた3つの島の中で、イザベラ島でのセンター街が一番小さかった印象です。

それでも、レストランでのご飯はおいしかったです。

写真に撮れていないのですが、、

エクアドルでは、ごはんの代わりにバナナチップスが主食として出てくることが多かったです。

日本の感覚では、

バナナが主食!?

となるかもしれませんが、とてもおいしくて今ではエクアドル料理が恋しいです。

イザベラ島のビーチ

街からもすぐにビーチへ出ることができて、街にある小さなスーパーでドリンクを買ってビーチでゆったりするのもおすすめです。

ガラパゴスゾウガメの保護研究センター

ガラパゴスゾウガメ

イザベラ島で出会える動物たちで紹介しましたが、せっかくイザベラ島に来たらガラパゴスゾウガメの養殖センターも訪れたいところです。

今では保護、養殖されているガラパゴスゾウガメですが、昔はこのガラパゴスゾウガメも人間の食料とされていた。

そして、人間がガラパゴス諸島に侵入してきたことによって絶滅の危機に瀕してしまったということ。

この事実を知ったときは、ショックを受けました。。
なんとも複雑な気持ちになると同時に、環境を考えた暮らしをしていきたいと思わされます。

街からは徒歩で訪れることができて、その道中にもフラミンゴがいるトレイルがあったりとすべてがアクティビティになります。

ガラパゴスゾウガメ保護センターへのトレイル
ガラパゴスゾウガメ保護センターへのトレイル
フラミンゴたち
野生のフラミンゴたちに出会えます

プラヤ・デ・アモール

ガラパゴスイグアナ

ここでは、たくさんのガラパゴスイグアナたちに出会えます。

このイグアナたちは唯一泳ぐことのできるイグアナのようで、ビーチでシュノーケリングをしているときもよくゆらゆら体をくねらせながら泳いでいるイグアナたちを見かけました。

表情はなんとも真面目なのですが、なぜかかわいく思うのは私だけでしょうか?

黒く見える部分は、昔火山が噴火したときに流れてきた溶岩がここで冷えて固まったもののようです。

黒い地面と黒いイグアナなので少し見つけにくいかもしれませんが、よく見るとたくさん群れています。

イザベラ島 プラヤデルアモール Playa del Amorとイグアナ

こんなに仲のいい子たちもいました。

ガラパゴスイグアナ

ほっこりしてしまいませんか?

ラ・プラジタ

ガラパゴス諸島ラ・プラジタ

プエルト・ビジャミルの街から歩いて行ける広いビーチ。

シュノーケリングというよりは、ゆったりとした時間を楽しむのにぴったりなビーチです。

とくに夕焼けの時間はおすすめです。

ラ・プラジタのビーチ

このビーチでもイグアナや鳥、カニたちと出会えますよ。

ガラパゴス諸島イザベラ島の魅力まとめ

ガラパゴス諸島のイザベラ島。

私の一番のお気に入りの島はいかがでしたか?

海と自然と動物のパラダイスな島。

逆を言えば、それ以外には何もない島かもしれませんが、十分すぎる魅力が詰まった島でした。

Booking.com

\記事の共有・保存はこちら/

こちらの記事もおすすめです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です